> > 10万円を借りる場合に必要となる書類は本人確認書類だけ

10万円を借りる場合に必要となる書類は本人確認書類だけ

消費者金融で10万円を借りる場合に用意すべき書類って、
いろいろ用意しなければならないのでは?ってなんとなく考えちゃうかと思います。
収入を証明できるものを揃えるのちょっと面倒だなあとか。

実はこれらを揃える必要はないんです。
10万円を借りる場合、本人確認ができる書類さえあれば大丈夫です。
でもそれじゃあ収入があるのかを、どうやって判断するの?と思った方、
実は実際に収入があるかどうかは確認しないんです。
ただし申込みの際に、申告した勤務先に勤務しているかどうかを確認するための電話があります。
この電話で在籍を確認できれば、収入があるものと見做されるわけです

このように書くと、意外とアバウトだなあと感じる方もいらっしゃるのでは?
そうなんですアバウトなんです。というか10万円などの小額融資の場合は特に、
実際の収入が少なくても、返済出来なくなるリスクは低いですし、
仮に返済不能、つまり貸し倒れとなった場合にも、他の融資によって
ちゃんと利益が得られることを計算した上で、
利用者の申告をある程度信用して審査を行うわけです。

収入を証明できる書類が必要なケース

ではいくら借りる場合であっても、収入を証明できる書類は不要なのかといえばそうではなく、提出が必要となる条件が決められています。

50万円を超える借入れの場合や、他社の借入額と合算して100万円を超える場合には、申込みの際に収入を証明できる書類の提出が求められます。
これは貸金業法による取り決めなので、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどにおいて適用され、銀行のカードローンでは適用されません。

ただし、これまでに金融事故(異動情報)いわゆるブラック扱いとなっている方の場合には、
上の条件にあてはまらなくても、収入を証明できる書類の提出を求められる場合も考えられます。

申込みの際に不要であっても後日収入証明書類が必要となる場合

ちなみに申込みの際に不要だった方でも、ある程度時間が経ってから、
収入を証明できる書類の提出が必要なケースもあります。
例えば、最初は10万円借りただけであっても、きちんと返済することで限度額がアップし、
50万円を超える借入れとなる場合や、同様に他社との合算が100万円を超える場合。

さらに3年毎に、利用者の返済能力を調査することが、
貸金業協会の自主規制として取り決められているので、一度でも提出を求められた場合には3年ごとに提出することになるわけです。

消費者金融で10万円キャッシング

体験談・コラム