> > 10万円知人に借りるよりも消費者金融で借りるほうが確実

10万円知人に借りるよりも消費者金融で借りるほうが確実

消費者金融でお金を借りること自体、あまり気が進まない、できれば知人、友人、隣人などから借りられるなら借りたい、そんな風に考えること多いかと思います。
知り合いからお金を貸して欲しいと言われたなら、貸す側から見た場合の、貸すか貸さないか、貸す場合にはどんな気持ちで貸すのかについてはこちらでも触れました。
では、借りる側からするとどのような心理なのか考えてみたいと思います。

消費者金融で借りると
■ 取立てが怖い
■ イメージが悪い
■ 金利が高い

知人に借りれば、違法な金利を要求されることもないですし、もしも返済に遅れても少しぐらいなら待ってくれるでしょう。知人にお金を借りるていることをわざわざ他人に言うということもありませんが、もしだれかに知られた場合でも当人同士の関係ですから、そんなに悪いイメージで見られることも少ないですね。

およそ考え付くのはこういった理由から、
できれば知人に借りたいと考えるのではないでしょうか?

現在の消費者金融は安全?

おそらくかつてのサラ金の頃のイメージから【取立てが怖い】という印象があるのでしょうか?その頃のサラ金では、確かにそういった取立てがあったようですし、金利も現在よりは高金利で貸し付けを行っていたので、約束どおりに返済できなくなってしまうケースも多くあったといえます。

しかし現在の消費者金融、では違法な取立て行為は禁止されています。金利面についてもサラ金と呼ばれていた80年代から比べると、上限金利も引き下げられかなり低金利となってきていますから、返済負担もそこまで大きなものにはなり難いといえます。

そして、知人に借りたいという場合の最大の理由は、ちょっとぐらい遅れても待ってもらえそう。そんな気持ちがあるからだと思います。当人同士の関係性にもよりますが、そもそもそういった考えでお金を借りようとすること自体、間違っているいっていいのではないでしょうか。

消費者金融で借りてもきちんと返済すれば大丈夫

金銭の貸し借り、100円、200円、1000円、10000円とかならまあ、アリかもしれませんが、10万円などのある程度の金額となると、やはり知人、友人などの個人間での貸し借りはお勧めできません。金銭トラブルは人間関係を壊す原因になりかねません。
対して、消費者金融で10万円借りても、約束どおりきちんと返済すれば、そのために大変なことになってしまうなどということはまずありません。

貸す側(消費者金融)が法律を遵守している業者であれば、法整備によってととのった環境で貸し付けを行っています。あとは借りる側の心構え次第といっても過言ではないでしょう。

どうしても返済できなくなってしまったら

きちんと返済する心構えでいても、病気や事故、会社の倒産、解雇など、さまざまな理由から返済できない状況になってしまう可能性は、誰にでもあります。
そういったもしもの場合を考えたとしても、取立てについては電話がかかってくるぐらいはあるかもしれませんが、それよりもまずカードが使えなくなる、ブラック扱いになって他の借り入れなどが一切できなくなる。ということはあり得ます。
そうなると現金の借り入れだけでなく、クレジットカードや住宅ローンなど、さまざまな信用取引ができなくなります。

これはあくまでも可能性というお話です。極端な言い方ですが、もしもこういった状況になったとしても、それぐらいで済むともいえます。
事故に遭うかもしれないから、家から一歩も出ない。といっているようなものです。
不慮の事故は避けられませんが、気をつけて生活することは出来るはずですね。

消費者金融で10万円キャッシング

体験談・コラム